配偶者の不貞

配偶者が不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、伴に住んでいる意味が無いくらいに、もはや夫婦とは呼べない状態だっ立ときは、慰謝料を請求することが出来ません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、何歳であるか、何年結婚しているかなど様々な事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。

浮気調査でなにより大事なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。

浮気しているか否かが不明瞭な場合は次の段階に進向ことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

不倫相手の存在が確かになればここで浮気相手が誰かを探ることとなります。

主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視をつづけ、不倫相手の正体を確定させるのです。

尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵が尾行をおこなう時間が長いよりも短い方が、費用が少なく済みます。

ですので、尾行を探偵にお願いするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを理解しようと観察することが大切です。

最も疑いのある時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な手間をかけずに済み、お互いのメリットとなります。

アルバイトとして探偵をしている人がいるようなことがありえます。

探偵のアルバイトを捜してみると、そのしごとの募集を見つけるでしょう。

ということは、バイトを使っている探偵事務所もいっぱいあるということです。

浮気調査を頼むときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことが出来てしまう理由です。

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って惨憺たる状態になるのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。

夫人の浮気現場にご主人が乗り込向ことになると、殺傷沙汰にまでなってしまうプロットもサスペンスにはありがちです。

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもやり方の1つでしょう。

離婚も辞さない覚悟なら、取っていい行動といえるかも知れないです。

浮気の調査をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査によって一定とは限りませんが、2人で調査することが多いようです。

まず調査員が1人で浮気であるかどうかを大体の場合はおこないます。

浮気が現実であると判明したら、再度考えて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

探偵に浮気調査をお願いして、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。

相手が信頼できなくなってしまったら死ぬまで伴にいるとなるとそのストレスはすさまじくのものになりますから、慰謝料を貰い、離婚することは選択肢の一つかも知れません。

また、配偶者の不倫相手に慰謝料の請求をしておけば二人が別れることはミスないでしょう。

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴向ことが出来ても離婚しないままの方がよい事もあります。

その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚と言うものはそう簡単なものではありません。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますので、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

男手一つで育てる場合にもまた同様でしごとを両立させることは簡単では無いでしょう。

よく着る服装が変化してきたら、浮気のおそれがあります。

浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。

突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装をセレクトし出したら、すさまじく怪しい臭いがします。

服の中でも、きれいな下着を着用しだしたら、浮気をしているかも知れません。

GPS端末を使い、行きつけの場所の情報を捜して、見張っていれば、いつかは来るはずですから、浮気の証拠をつか向ことが出来ると思われます。

調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、端末などで調べるのも、試してみたいやり方です。

GPS端末が付けられていることが知られてしまう事があります。

調査機関に依頼し立ところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか中々決められずに困りますよね。

ひとまず冷静になって、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

夫婦と言うものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますので、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

実際、もう離婚になってもいい、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気の現場に乗り込むという方法もあるでしょう。

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、大きい揉め事の原因になりうるので、止めておきましょう。

信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するのがベストだと思います。

探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。

実費とは具体的には交通費や証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、張り込み時のご飯代が加算される場合も少なくありません。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、計算した費用です。

調査にかかる時間が短いほど支払いも安くすみます。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に頼む時、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査が長期になれば調査費用が高額になるはずです。

調べる人の事務所により、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、普通は1週間以内には終わります。

とはいっても、これはあくまで平均の期間です。

浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日がもう分かっているなら、1日で十分な証拠が集まることもあります。

自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても今後も、パートナーでありつづけたいのなら密会の場面に行こうとするのはしないほウガイいでしょう。

浮気していることを指摘された結果、相方が、ひどく感情的になってしまい、元の関係に戻ることが出来なくなってしまうこともあります。

また、浮気相手と接触してしまうと、大きなストレスになってしまうのです。

信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、口コミをチェックするのも有効です。

ここで重要なことは、該当する探偵事務所の公式ホームページにアップされている口コミではなく、全く関係のないところが運営する掲示板や相談ホームページにある口コミを確認してください。

探偵事務所の関係者以外による口コミは、信頼性は高いものになるはずです。

同じ電話番号の人から何度も電話をうけていたりまた掛けていたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのは大いにあるでしょう。

そうしたらその電話番号の相手が誰かということを調べればいいのですね。

そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手との電話の後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

 探偵が使う追跡グッズと言うものは、 自分で買うことが出来るかといえば、買うことは可能です。

追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用されることが多いですが、誰でもインターネットなどで購入可能です。

車両に載せてあるGPS端末というのは、本来、車の盗難され立ときのために付けておくものですので、誰でも買えるのは当然です。

探偵の浮気調査を例に挙げても毎回成功するとは限らないでしょう。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗しない保証が全くないとは言えません。

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行がばれることもあるものです。

加えて、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠写真も撮れません。

浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられることがあります。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合気を付けてましょう。

そして、しばしばガソリンが入れられていた場合、車で会っている可能性はゼロではありません。

探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。

けれども、浮気の証拠を自分だけで入手しようと思っても、相手に見つかるという可能性はあるでしょう。

その原因ははっきりしており、顔がばれてしまっているからです。

浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。

それは悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう場合があるのですよ。

自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと自分を見失ってしまうケースが過去にも多いのです。

無事に解決するためにも、浮気の証拠を押さえるためにも、浮気調査は探偵に任せるのがお奨めです。

相手が全然知らないうちに、誰が見ても明りょうな浮気の証拠を手に入れるには、必要となる機材や技術があります。

浮気の現場をカメラに納めても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠としてあつかわれません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、用途に適するサイズのカメラも用意し全く気づかれずに鮮明に写真に納めることが出来ます。

浮気の証拠をとらえるためには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼向ことです。

ところが、探偵に頼むと調査料金も安くはないですから、あらゆる人が簡単に頼向ことのできるものではありません。

探偵への浮気調査の依頼は、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所が変われば金額は異なりますので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。

浮気の形跡がSNSを介して明るみになることもあります。

コミュニティ型のWebホームページでは実名を伏せるのでついうっかりパートナーが、プライベートを事細かに書いてしまう事が多発しているように思われます。

時には、浮気を証明してしまうような内容をインターネットに公表している場合もあるのですよ。

ユーザー名を知っていたらチェックしてみて下さい。

慣れないことを自分でやるよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

探偵に依頼する方が、欲しい浮気の証拠がつかめます。

素人が調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

でも、パートナーに詰め寄っても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。

有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。

探偵の特性としては、怪しむ人のないようにきめ細かく配慮しながら根気よく調べていきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に自分の所属を明かして表立ってリサーチをおこなうようです。

浮気調査などで即日調査も可能な興信所
そういう理由で、個人の行動を調べるには探偵が向いており、他方、情報を収拾するような調査は興信所が得意と言っていいでしょう。

料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査に成功したケースでしか報酬を得られないリスクというが大聞く、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

そのように考えると、成功報酬の方が、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。

調査に対する実績なども確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。

日常生活の中で、相手の行動を目を配っておくのは他人に頼まなくても可能ですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を押さえるのには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がミスありません。

そして、探偵に頼む場合、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、状況に応じたアドバイスも貰うことが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です